© peek photo works by  acco. 

​NEWBORN PHOTO SAFETY

​安心・安全なニューボーンフォトのために

生後2週間ほどの新生児の撮影は特別です。

皆さんに安心してご依頼いただくため

安全な撮影を行うために大切にしていることを

​少し長くなりますがご覧頂けたらと思います。

▼出張撮影スタイルであること

産後のお母様にはゆっくり休んでいて頂きたい、という思いからご自宅に伺って撮影する出張撮影のスタイルを取らせていただいております。基本的には女性カメラマン1名(撮影内容によってはアシスタント1名追加)でお伺いいたします。

撮影スペースさえ確保いただければ、お部屋を綺麗にしていただく必要はございません。部屋着でもお化粧しなくても全然OKです。ゆっくりとくつろぎながら赤ちゃんの撮影の様子をご覧になってください。

 

▼衛生管理

撮影に使用いたします布類は、撮影ごとに全て洗濯をし清潔を保っております。洗剤は赤ちゃん用の無添加のものを使用しています。

ご自宅に到着後、洗面所をお借りし手洗いをさせて頂き、撮影中も適宜手洗いや消毒を行いながら撮影させて頂きます。撮影中はエプロン・マスクを着用し、最大限感染予防に努めます。

 

▼環境管理

ニューボーンフォトは、基本的には赤ちゃんのお洋服を脱がせた状態で撮影を行います。そのため室温の調整のできるお部屋をご用意いただき、撮影中はお洋服を脱いだ状態で赤ちゃんが寒く(暑く)ない状態を保ちます。(大人は少し汗ばむくらいの室温に設定いたします)

 

▼安全なポージング

ニューボーンフォトは、赤ちゃんの可愛らしさを引き出すため赤ちゃんにポーズを取ってもらいます。もちろん全て赤ちゃんに負担のない安全なポーズですし、ポーズによっては大人の手で支えたものを後で編集で手を消しているものもあります。また、赤ちゃんによっては安全なポーズでもどうしても好きではない体勢などもあったりします。その場合は赤ちゃんの心地よいポーズに切り替えて撮影をさせていただきます。

 

 

▼撮影技術や赤ちゃんの扱い

国内の第一線で活躍されている方のワークショップを複数受講しております。また海外のトップフォトグラファーのオンライン講座を受講し日々技術向上を図っています。カメラや光の扱いの撮影技術はもとより、新生児の体の動きや特性、扱い方なども含めてしっかりと学んだ上で撮影させていただいております。

自分自身の3児の子育ての経験も踏まえて、お世話は基本的におまかせください。